読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちんぷんかん 購入でポイントを「貯める」ならAmazonより楽天♪

激安
さくっと読めて、楽しいしおもしろいので大好きです。。文庫になるのもハードで出るのも1年に1回な感じの「しゃばけ」。

コチラですっ♪

2017年02月27日 ランキング上位商品↑

ちんぷんかんちんぷんかん [ 畠中恵 ]

詳しくはこちら b y 楽 天

最近妻が畠中恵作品に凝っているので買いました。私が好きなのは、「はるがいくよ」。。秋に出るだろうとは思っていたけど。時代物は、ちょっと・・・と敬遠されている方!騙されたと思って読んでみては?くすくす笑ってほろりと泣ける「しゃばけ」シリーズ第六弾短編5作 家鳴り達も可愛くて大好きなシリーズです。畠中恵さんにハマっていて特にしゃばけシリーズは大好きです。個人的に最後のはるがいくよの話が切なくも素敵な話で気に入りました。またドラマが見たくなりました。まだまだシリーズが続いてほしいです。続きが楽しみです?畠中恵さんの「しゃばけー」シリーズの最新文庫です。(というか1年に1回では、配役に変更がありそうで気になります)さて、相変わらずおもしろくて一気に読めました。是非シリーズの1作目「しゃばけ」から読んで下さい。面白かったようです。注文からすぐに届きましたどの話もすごく良かったです読んでいて楽しいです切ない話や面白い話!すごいなと思います柴田ゆうさんの絵もいつもすごく素敵で見てて楽しいですしゃばけシリーズ本当にオススメです大好きな娑婆家シリーズが!持ち運びしやすい文庫本になるのを待って!毎回購入しています。気楽に読める時代小説です。登場人物や妖怪達がそれぞれ個性があり、短いストーリーながらも読み応えもある。文庫を読むたびに、ハードカバーを買いたくなりますが、ガマンしています、今のところ。若だんなと一緒に三途の川まで行くのですが!そこで頑張るんです!それから「はるがいくよ」は!本当に切なくなりました。でも実際は、面白くて読みやすくて、持ち運ぶことなく読み切ってしまうのですが。ちょいと気の弱い若旦那との掛け合いが心地よい作品だと思います。しゃばけシリーズは文庫になるまで待って買ってます。とってもオススメです。それくらいしゃばけシリーズは何度も読み返してます。今回は最初から凄い場所に行って仕舞う展開で面白かったです。重いストーリーを読んだ後、この本を読んでリセット。手軽に好きな時に読めるのが文庫サイズ。なかなか文庫にならず若旦那が気になっていました。気持ちがほっこりして!楽しくて。。その方が楽しめると思いますよ。しゃばけファンが最終回を意識するときに恐らくこういう視点になっちゃう切なさです。「はるがいくよ」は切ないですね。佐助と仁吉ももちろんカッコイイのですが、鳴家がなんとも可愛いです。読みやすさや世界観がとても好きです。しゃばけシリーズ!読破しています。しゃばけシリーズ、安定のおもしろさです。なんかちょっとせつなくなるけど!いろんなことを経験して成長していく若旦那を!これからも見守っていきたくなります。今回も短編集ですが 1冊を通して 松之助(若だんなの兄)の縁談が決まるまでのあれやこれやをバックにつづられているので 流れがしっかりしていて読みやすいです相変わらず病弱な若だんなが 三途の川から帰還するまでの話妖退治に名をはせる僧の弟子がメインになる サイドストーリー若だんなの母 おたえが奉公人の藤吉と結婚するまでの回顧録松之助の縁談先に現れた陰陽師と 若だんな一派の攻防古い桜の木の花びら 小紅との出会いと別れどれも なじみの面々が登場・活躍するので 楽しいのですがそんな中にも 世の無常や人の気持ちの移り変わりなどが描かれていて読み終わる頃には しみじみとした心持になってしまう1冊です待ってた若旦那シリーズの文庫本、出張のおともにします。相変わらず病弱な若だんなと過保護な保護者達がほほえましいです。ぜひ来年はしてほしいですが。古本で「しゃばけ」を読んだのをきっかけに!とうとう新しい本まで購入してしまいました。(ハードカバーは場所をとる上に読みにくくて)今年はドラマはないみたいですね。しゃばけシリーズ大好きです。畠中恵さんの長編は苦手なのですが!短編は気分転換にさらっと読みやすくおすすめです。